ヤミ金に強い弁護士

闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

上峰町(三養基郡上峰町(三養基郡)の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

ヤミ金に強い弁護士悩み


おすすめの弁護士

上峰町(三養基郡のヤミ金に強い弁護士でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

一緒に暮らしている家族にも知られたくない場合は、カードや郵便物が本人宛で郵送されてしまうことを避ける必要があります。まずはキャッシングカードです。カードを郵送されずに手に入れるためには、審査に通過した後、自動契約機を使うことで、その場でカードを入手できますから、その後はご自身で管理してください。郵便物は放っておくと自宅に郵送されます。ですので、前もって業者にそのことを伝えてください。そうすれば、自宅に郵送されないように対応してもらえます。業者側も、こうした秘密にしたいニーズがあると分かっているので、キャッシングの不安を解消するために、細かな問題にも対応をしてくれます。もし、過去にキャッシングを利用したことがあるという場合、それが2010年より前ならば、取り急ぎ、過払い金が発生していなかったか確認してください。法改正以前のキャッシング業者には、制限利率を超えた貸付を行っていた業者があります。そこでのキャッシングの返済時に支払った、違法な金利分を過払い金と呼びます。年利が20%を超えていたのなら、間違いなく過払い金が発生しているでしょう。業者には返済に応じる義務がありますから、請求すれば取り戻せるでしょう。ですが、完済から10年以上経ってしまうと時効を迎えてしまい、請求期限切れになるので、思い当たる節があるという人は早めに行動しておきましょう。

学生生活といっても、学業以外のさまざまなイベントで急にお金が必要になる時があります。そのような場合に便利なのがキャッシングですが、もし、いま20歳を過ぎていてアルバイトなどで定期的に給料をもらっているようであれば低金利なサービスが多いです。他にも、クレジットカードに付帯したキャッシング枠でお金を借りられます。このように、学生がお金を借りられるサービスにはいくつかのものがありますが、アルバイトなどで定期収入を得ていなければ借りられないことは覚えておいてください。「審査なしで高額融資可能」というような学生向けのキャッシングサービスがあれば、間違いなく闇金融や違法業者です。返済を続けても債務が増えるばかりなので、いっそのこと踏み倒そうかと真剣に考える人が出てきますが、キャッシングの時効は5年ですから、最後の借入返済から5年間、返済を放置し続ければ時効になります。とはいえ、業者に足がつかないように、それまでの生活をすべて捨てて逃げるしかありません。しかも、業者側が裁判や差し押さえなどの手続きをとってしまうと、時効はストップし、場合によってはさらに期間が追加されてしまうのです。踏み倒しを成功させるのは、人生を捨てるほどの覚悟が必要になります。

キャッシングの審査に通過するためには、定期的な収入を得ていることが絶対条件です。会社員の方や公務員の方はもちろん、安定収入のあるフリーターやパートタイマーでも、キャッシングを利用できます。反対に、無職の状態では、契約できません。専業主婦の場合、どの金融機関でも契約可能というわけではありません。ノンバンク系(消費者金融、信販会社など)ではなく銀行系のカードローンを選んでください。こちらであれば、夫に安定収入があることを証明し、審査を受けることができます。今、派遣で働いている人でも、キャッシングでお金を借りることができます。やはり、正社員に比べると、社会的信用度が低くなるので、無事に審査を通過し、融資を受けることができるはずです。あらかじめ相談しておけば、希望する方に連絡がいくように対応してもらえます。連帯保証人になってほしいなんて言われたことがある方もいるのではないでしょうか。連帯保証人は債務者の責任をすべて負うものですから、生半可な覚悟なら実際、連帯保証人として名前を貸したことが原因で家族の幸せや将来設計が台無しになったという人も珍しくありません。キャッシングサービスでは連帯保証人は不要です。とはいえ、キャッシングとはいえ借金には変わらないので、キャッシングを頻繁に利用しているような人は周囲からも避けられてしまうでしょう。

キャッシングで融資を受けることはできないでしょう。一部の生活保護受給者は、キャッシングを利用したいがために嘘をついて申込することもありますが、嘘が分かってしまえば、今後一切の生活保護の受給ができなくなるでしょう。すべての手続を現金で行うなど、何かのキッカケで明るみになるケースは多いものです。このように、生活保護受給者のキャッシングは基本的にできないようになっています。なお、逆に積極的に融資を持ちかけるような業者は違法な金融業者なので、利用は厳禁です。

ヤミ金に強い弁護士

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼