ヤミ金に強い弁護士

沖縄県の闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

沖縄県の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

おすすめの弁護士

沖縄県のヤミ金に強い弁護士でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

定期的な収入があれば契約社員であっても、カードローンを使えます。ここで大事になる審査内容は、これまで勤務していた期間です。これまでに勤務先が変わっていても、派遣元の会社に在籍している期間が長ければもし社会保険証の発行をしてるなら決まった返済日に支払いをしていきますが、一括返済も可能です。まとめて返済する場合には、当日までの金利が日割りで算出されて、全部を合わせた合計金額を支払います。まとめて返してしまうことで、金利を余計に払わなくてよくなるでしょう。全額返済を最優先にして、わずかでも金利は少なくしましょう。

お金を借りるときに使うカードはまだ限度額に達してなくても、余った分を買物に使用できません。ただ、クレジットカードに付随するキャッシング枠では、現金で借入が行えるので、その分を利用することができます。クレジットカードを利用した借入はカードローンを利用したのと同じ意味合いになる為、借入総額が原則、年収の三分の一に制限される対象となります。他の人の名義を使ってカードローンの契約を締結することは許されていません。本人が自己の名義で契約を結ぶことを要します。自己収入のない妻が夫の収入をローンの返済に充てる場合であっても同様で、支払いの責任を負うのは名義人である妻となります。本人とは異なる名義で契約を結んだ場合には罪に問われることになります。自分の名前を使うことを認めていたのなら、本人と同様に名義を貸した人も犯罪行為をしたことになってしまうでしょう。

カードローンを利用する為には身分証があれば可能です。定期的な収入がない人だと、収入があった証になる公的書類を提出せねばなりません。もし、在籍確認をするのに書類を提出することで済ませたいなら、状況に応じた代替品を用意しておきましょう。

ヤミ金に強い弁護士

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼