ヤミ金に強い弁護士

由布市の闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

由布市の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

おすすめの弁護士

由布市のヤミ金に強い弁護士でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

ローン契約をする際の審査では、申込者が申告した勤務先へ在籍確認をされ、申告した勤務先に間違いが無いか勤務先とされる先へ業者が電話を掛けますが、申込をした本人が電話に出なくても問題ありません。申告内容に間違いないと判断できればそれで良いのです。当然ですが、カードローンは無料ではないので、実際の金利は業者によって差があるものの、融資額が大きい程、低い金利になっています。例えば、銀行系のカードローンの金利は3%から15%などとなっていますが、数万円程度の借入の時には、金利が一番高いものによっての取引が行われるようです。それから、カードローンの金利は一日ごとの日割りで計算されています。

即日融資を受けることができるカードローンが珍しくなくなりました。休日も利用できる消費者金融では、21時までの審査通過で融資が即日可能です。審査時間が伸びて、場合によっては審査に丸一日かかることもあります。最少の希望額を提示することがポイントになります。カードローンの利用が可能になるのは満20歳以上になりますが、何歳までもが契約できる訳ではなく、信販会社などの消費者金融では69歳、銀行はほぼ65歳までとなっています。この年齢は申込んだ時の年齢であり、その後、カードローンの更新の際に年齢も自動で更新される為、そこで先ほどの年齢を超えてしまえば契約解除となります。大半の銀行では1年で更新されるのです。

総量規制という年収の三分の一までの借入を限度とする法律がキャッシングの場合は用いられています。ですが、この決まりは消費者金融のフリーキャッシング、それに、銀行のカードローンの借入の場合、対象外となります。それに、どのような契約においても、先ほど説明した総量規制の対象からは除外されています。夫が得る収入で返済するつもりで、夫に隠れて契約手続きが行える方法が、実はあります。その方法とは、配偶者の同意書の提出義務が無い銀行を選ぶ、ということです。同意書の提出というのは法律で決まってはいないものの、そうでないところとがあります。カードローンの利用を夫に気付かれないようにしたいなら、後に述べた銀行で契約しましょう。

ヤミ金に強い弁護士

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼