ヤミ金に強い弁護士

闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

京都市京都市南区の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

ヤミ金に強い弁護士悩み


おすすめの弁護士

京都市のヤミ金に強い弁護士でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

キャッシングサービスに申込申請する際には、必ず身分証明書のコピーが必要になります。運転免許証が一般的ですが、これがない時にはパスポートや健康保険証が使えます。もちろん、一種類でよいので、わざわざ複数の書類を用意する手間はありません。また、数は多くありませんが、住民基本台帳カードや2015年末から通知されたマイナンバー個人番号カードであっても利用できるケースもあります。キャッシングとは、融資を受けることです。その多くは、消費者金融や銀行が提供するカードローンを利用したり、キャッシング残高の残ったクレジットカードで現金を引き出すことを意味する場合が多いです。利息を付けて返す必要があります。こうした利息の払い方は、基本的にクレジットカードの返済と変わりません。例えば、商品を購入した際に一回払いを選択してもお金が口座から引き落とされるまでにかかった日数で、日割りの金利が付きますから、注意が必要です。

ブラックリストに載ってしまい、どこのキャッシングも審査落ちしてしまう状態になったからといって、他人の名前を借りるような行為は厳禁です。家族に内緒で名前を借りるようなことはもちろん、頼み込んで借りるのも罪にならないわけではありません。正確な情報で審査に落ちてしまうのなら、潔く諦めるべきです。キャッシング業者は返済能力を見るプロです。そのプロから厳しい評価を受けたために、審査に落ちるのです。万が一、他人の名前を使ってキャッシングできるようになったとしても、返済の目途が立たずに迷惑をかけるどころか、名義貸しとして相手も罪に問われてしまうでしょう。一般的に、債務整理中にキャッシングは利用できないと思われがちですが、法律にそのような規制はありません。ですから、悪徳業者や闇金以外にも、条件が適合すればお金を借りられる可能性があります。しかし、リスクが大きいことは理解しておきましょう。もしキャッシングの事実が発覚したら、債務整理が失敗し、さらなる借金を負う可能性があります。あるいは、ブラックでも融資可能という甘い言葉に引っ掛かり、闇金に関わってしまうと、法律の規定に従わない闇金は、更に莫大な借金を負わせてきます。

配偶者が勤めているケースではもちろん、パートナーに定期収入がなければ審査に通るのは難しく、借入限度額も会社員の場合と比較すると低くなるでしょう。他にも、無職の場合でもキャッシングできる方法があります。例えば配偶者や家族が持っているクレジットカードの家族カードのキャッシング枠で現金を借入する人も増えています。また、年金受給者であれば、キャッシング利用可能な対象になります。以前、グレーゾーン金利という言葉が話題になったことを覚えている方もいるのではないでしょうか。2010年の法改正以前に消費者金融から高金利の借入を行っていた方は、取り急ぎ、過払い金が発生していなかったか確認してください。過払い金というのは、その名の通り払い過ぎた利息のことで、年利が20%を超えていたのなら、過払い金が発生しているとみて間違いありません。過払い金は、請求することで返還されますが、完済から10年以上経ってしまうと時効を迎えてしまい、請求期限切れになるので、心当たりがあるという場合はキャッシングサービスを利用するのは難しくなるでしょう。時々、アルバイトをしていると虚偽の申請をしてキャッシングを使おうとする学生もいます。一般のキャッシングと違って、学生向けキャッシングは在籍確認を取らないケースが多く、収入証明書の提出も不要なので、誤魔化しやすいという背景があるからでしょう。もし、嘘がそのまま通ってキャッシングできるようになったとしても、返済金が工面できる予定もないのにキャッシングすると、結果的に自分の首を絞めることになります。

ヤミ金に強い弁護士

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼