ヤミ金に強い弁護士

闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

多可町(多可郡多可町(多可郡)の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

ヤミ金に強い弁護士悩み


おすすめの弁護士

多可町(多可郡のヤミ金に強い弁護士でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

今はキャッシングにも魅力的なオプションがついていて、サービスによっては無利息サービスを受けることができるキャッシングも多くなっていますが、事前に中でも、いつから無利息期間になるのかは忘れがちな点です。しかし、返済手数料がかかるサービスであれば、手数料分が負担になって、損することもあると覚えておきましょう。現在、利用しているキャッシング以外のサービスに申込をすると、両社を合わせた債務金額や返済状況などが問題になり契約が成立しないことも珍しくありません。借入件数が増えれば増えるほど、新たな業者と契約できる確率は下がっていきます。複数契約によって総量規制に抵触したとも考えられますが、むしろ、契約しているサービスの数が多い人ほど、期日までに返済できない可能性があるとみられるようです。

近年、TVCMなどでも話題になっていましたが、過去に消費者金融から借入を行っていた時に、どれだけ返済しても元本が減らないような状況に陥ったことがある人は、利息を払い過ぎていて、過払い金が発生しているかもしれません。過払い金はグレーゾーン金利とも呼ばれ、違法な金利で支払った利息を指します。具体的には、20%を超えた金利で借りていたというケースでは間違いなく過払い金が発生しているでしょう。過払い金は自分で請求したり、法律事務所に依頼して請求することでお金が戻ってくるかもしれません。しかし、完済後10年という期限があるので、対象者は早急に請求手続きを取りましょう。普通、債務整理中に新たな借入を行うのは不可能だと思われるでしょうが、場合によってはお金を貸してくれるところがあります。条件次第では借入できます。しかし、これは上手くいった場合の話であって、債務整理中のキャッシングには大きな危険があると理解してください。債務整理中に借入した事実が明るみになると、その時調整中の債務整理は必ず失敗します。また、債務整理中でも融資OKというような宣伝文句に騙されて闇金を使ってしまえば、闇金は超高金利の貸付で大きな返済負担を負わせて、非合法な方法で取り立ててくるからです。本来であれば、債務整理は金銭的精神的負担を和らげ、人間らしい生活を送れるようにするためものです。そのような場合にさらに苦しくなる行動をとるのは、おススメできません。

他人名義でキャッシングに申し込み、お金を借りる行為は犯罪に当たります。もちろん、家族の名前を勝手に使うのも、相手の許可を取ったとしてもいけません。自分の名前を使って無理ならば、自分は社会的に見て借金できる状態ではないのだと自覚しましょう。お金を借りられないのです。万が一、他人の名前を使ってキャッシングできるようになったとしても、返済できなければ、相手が全ての責任を負う羽目になります。中には、キャッシングの借り換えというと、多重債務者の債務整理のような印象をお持ちの方もいるようですが、そうではありません。実は金利を下げるのにも最適な方法です。借り換えして、金利が低いキャッシングで複数の借金を一本化することができれば、返済総額を安く済ませることができます。キャッシングの金利の特徴は、借入総額が大きくなるほど低金利に修正されるものです。たとえ少額の借入でも、それが複数あるのなら、まとめて高額の借入にすると、今よりさらに金利を抑えられるかもしれませんので、検討してみてください。具体的には、銀行や消費者金融などのカードローンを利用する方法や、現金を貸してもらうことです。借入金には利子が付くので、借入金額より返済金額の方が多くなります。クレジットカードの場合も同じですが、支払方法を一回払いにしてもお金が口座から引き落とされるまでにかかった日数で、日割りの金利が付きますから、注意が必要です。

キャッシングは利便性が高いですが、時として、その利便性のせいで生活が破綻するリスクもあります。キャッシングは基本的に無担保、保証人なしでお金を貸してくれますが、それだけ返済能力を超えた借入額になっていることも少なくありません。給料日前など、現金が足りなくなるとすぐにキャッシングに頼るような生活では、少しのキッカケで生活が破たんしかねません。キャッシングの返済は絶対厳守です。滞納はもちろん、他のキャッシングで返済金を工面するのは以ての外です。返済できないと思ったら、身近にいる頼れる相手に返済金を工面してもらい、徐々に返済することをおススメします。まずインターネットや店舗窓口などで申込み手続きを取り、審査を受けます。無事に審査に合格すれば、ようやく融資を受けられます。借入方法を振込にした場合は、銀行の営業時間内に貸付金を振り込んでもらえます。もし、銀行が動いていない時間だったり現金で受け取りたいという人は、カードを発行してもらい、そのカードを使えば対応するATMを使って現金を借り入れらるので、目的に合わせたキャッシング方法を選べば、便利に活用できるでしょう。

ヤミ金に強い弁護士

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼