ヤミ金に強い弁護士

北海道の闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

北海道の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

おすすめの弁護士

北海道のヤミ金に強い弁護士でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

本人とは異なる名義でカードローンの契約を結ぶことは禁じられています。契約は自分自身の名義で締結しなくてはならないとされています。仮にそれが配偶者の収入を支払いに充てるつもりの専業主婦であっても同じことで、妻自身の名義で契約を行うことになります。本人が返済に責任を負うのは当然のことです。それが同じ世帯の人同士の間でも、利用者とは違う人の名義を借りてきて契約を交わした場合には法に触れることになります。自分の名前を使うことを認めていたのなら、本人と同様に名義を貸した人も犯罪行為をしたことになってしまうでしょう。身分証があれば可能です。もし、50万円以上の借入を行う場合や、定期的な収入がある職業ではない場合、さらに収入があったことを明らかにする公的書類も必要になるでしょう。また、一般的に電話で行う在籍確認を書類提出などの電話以外で済ませる為には、その用意も欠かせません。

返すことができずに、なぜなら、債務整理手続きをしたと信用情報に記載されているためで、他のローン契約も記録が残っているうちは全てできません。この信用情報の保管は少なくても5年間ですから、その期日が来るのをその年限が過ぎるのをたくさん聞かれますが、そうしたカードローンであっても時には融資を求める額が大きい場合や、仕事先で職務を持っていることを確かめられなかった場合がメインでしょう。融資額についてはやむを得ないとも言えますが、在籍確認の場合、その方法は電話一択にかぎらず、必要な書類の送付でもかまわないという業者を選ぶことにより、審査がもたつくのを防げるでしょう。

法律などによる何社までなら利用が可能といった規定が必ずしもカードローンに存在する訳ではありません。しかし、同時に利用できるのは最大で三社くらいです。申し込む時点での返済状態などに関係なしに、落とされてしまいます。なぜかというと、借入件数の多い人は、他の金融機関への返済金にあてるために借入しようとしているケースも少なくないからです。借り入れる為にカードを使うときは、契約した業者のATMか、または、提携先のATMで行うと思いますが、近所にあるコンビニのATMを利用可能な業者と契約すれば、返済も出来るので、とても利便性に優れていると言えるでしょう。カードローン選びは借入や返済方法なども考えて決めると、自分の都合に合わせて利用可能です。どんなに呼び方を変えても、結局のところ、カードローンというのは借金であることを忘れてはいけません。しかし、いざという時の備えに事前に契約を行っておくという方法もあります。契約時、絶対にその場で借入なくても大丈夫です。借入を行わずにカードだけ手元に置いて、急な出費に対してカードローンを利用するということもできるのです。

当たり前のことですけど、カードローンでは借りる金額や期間に対して金利が設定されています。金利は業者によって違いますが、借入額が少ない時には、設定されている金利の上限での融資が普通です。1日ずつの日割りで算出していきます。家庭にいる奥様が、カードを使い金融機関からお金を借りる際には、ご主人の年収などを記入することでお金を借りられます。一般に、この制度を配偶者貸付と名付けていて、数多くの契約を行っています。反面、消費者金融業界においてはほぼ、この方法を用いた貸付はカードローンは毎月返済するか、借入をした会社によっては、別のサイクルで支払いを行っていくものです。個人信用情報機関がその記録を残します。新たにローンを契約するときには、信用情報をもとにして契約するので、延滞情報が記録されていたら、もしあなたがローンを組もうとしても審査に通れないでしょう。

ヤミ金に強い弁護士

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼